昔から、さまざまな波動の中に「病気を癒し、心に平安を与える高い波動」が存在することが知られており、「霊気」と呼ばれていました。
霊気は宇宙に充満する波動のひとつで、人の高い意識と響き合い健康と幸福に導く波動です。
そのエネルギーを活用し「私たちの人生を、安らかに、豊かに、価値あるものにしよう」というのが霊気法です。
霊気法は、手当療法から始め、「病気や悩み、怒り、心配などの不調和な波動と響き合わないよう、自己の波動を高めること」を目指します。

 

臼井霊気療法の発祥

1865年(慶応元年)に生まれた臼井甕男という人が始めました。若い頃、郷里の岐阜県を離れ各種の職業を体験するうちに、人生の目的とは何か?」と深く考えるようになりました。「人生の目的は、安心立命を得ることである」という結論に達し、京都の寺で3年間の座禅を行いました。
しかし、めざす心の境地は得られず死を覚悟し鞍馬山で断食しました。その結果体内の波動と宇宙の波動が共鳴し、自己と宇宙との一体化が得られ求めていた境地が完成しました。

その後、次々と癒しの体験が続き、宇宙から癒しの力が与えらたことに気づきました。
この癒しの力を伝えていこうと臼井霊気療法学会を創設しました。

 

*現代霊気
臼井霊気療法を、現代人が活用するための新しい実践法です。

大阪府大阪市中央区瓦町4-3-13 御堂アーバンライフ316号080-5781-8220受付時間 10:00〜18:30(最終入店)※完全予約制